2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

1泊2日の旅行ツーリング(中編)

 【11//2015】

ここ暫くブログを書いていなかったせいか、上手く文章を纏められなくなってるALTです(;´д⊂)
PCで私のブログを見て下さっている方は分かると思いますが、ここのところ連携させてるTwitterでのツイートぐらいしかやってなかったのが仇になっている感じですね。
まあ、この辺りも追々頑張っていくことにします。

さて、前回の記事で雨によって行く手を遮られた我々…
2015-05-09DSC_0057.jpg
このまま進むべきか、それともここに留まるべきか…

『予報や雨雲レーダーを見た結果、時間を決めてそれまでに雨が弱まらなければ出発』

という結論になりました。

待つこと凡そ1時間少々。
少しずつ雨も弱まって来たので、次の目的地へ行くことになったのですが、残念なことに時間的な問題と天候のせいでこれ以上の観光は難しくなりました。
そんな訳で予定を繰り上げ、淡路島を南下して行きますが、その前に一旦給油w
三人共、まだ燃料に余裕はあったんですが、見知らぬ土地である以上、給油はこまめに行っておいた方がいいだろうという判断と、情報収集を兼ねてというのが主な理由ですね。
ここから次の目的地までは、下道で『法定速度』で走って凡そ1時間程という情報をガソリンスタンドの方に教えて頂きました。

今回は島の西側の海沿いを走るルートで行ったんですが、聞いたところによると夕暮れ時に走るととても綺麗な夕焼けが見えるそうです。
『まあ、我々が走った時は、曇り空のうえに海には赤潮が発生してて残念な結果でしたが…(ノД`)シクシク』
ですが、道自体はいい感じで、クネクネしつつアップダウンもあり、面白いルートでした。
ただ、道幅はあまり広いとはいえず、路面状態は所々悪い部分もあり、今回に至っては雨で路面コンディションも最悪の状態だったので、その辺りは要注意ですね。
私も所々で軽くリアが滑ったりして何度か焦った事がありました><
『狙いすましたかのように点在するマンホール、所々にあるギャップ、いやらしいタイミングで現れる白線…ホント、ライダー殺しな道ですw』
まあ、基本的に攻めるような走り方をしなければ安全だと思いますし、パニックブレーキなんかを起こさなければ危険も少ないと思います。
地元に帰ってから教えて貰ったんですが、午前中に島を走るなら東側、午後に走るなら西側のルートがオススメらしいですね。
あと、今回我々は知らなかったのとルートから外れていたので行けなかったのですが、『たまごやさんちのたこ焼き』というお店の『から揚げ地だこたこやき』が凄く美味しいらしいです。
一応住所も載せておきますので、興味のある方は一度行ってみては如何でしょうか?
〒656-0001兵庫県洲本市中川原町厚浜725−1

さて、そんなこんなで濡れた路面と格闘しつつ、次なる目的地が見えてきました。
2015-05-09DSC01731.jpg
2015-05-09DSC01732.jpg
大鳴門橋記念館です。
ここで我々はお土産を購入し、暫し休憩することにしました。
全国1位入賞の看板と、いくつものぼりが上がっているあわじ島バーガーにとても興味が湧いたんですが、ここで食べてしまうと夕食に支障が出る可能性が高かったので泣く泣く諦めることに。・゚・(ノД`)・゚・。

ちなみにここは、建物の奥から展望台の様な所に出ることが出来、大鳴門橋を見ることが出来ます。
2015-05-09DSC01729.jpg
うーん…やはり雨は止んでも霧のせいで見にくいですね…orz
ちなみにこの大鳴門橋、少しでも風が強いとあっという間に通行止めになるそうです。
ここに来る前に立ち寄ったGSで教えて頂きましたが、このルートを通って四国入りする方は、事前にチェックする事を忘れないようにしたほうが良いでしょう。
2015-05-09DSC01733.jpg
ちなみにこちらは橋とは反対の方向。
写真では判り難いですが、雲海の中に島がある感じになってました。
というか、この写真じゃ全然そう見えませんね^^;

休憩と買い物を済ませ、ここからは高速を使って一気に宿のある香川県高松市を目指します。
本当なら淡路島南ICから鳴門北ICで降りる予定だったんですが、雨と寒さで体力を持って行かれていた事もあり、高速を使って時間短縮する事になったわけです。
そういう事もあり、鳴門の渦潮はチラッと見れた程度でした(;´д⊂)

高速を使えば高松市までは凡そ1時間程で着きます。
ただ、高速の大半が1車線で、場合によっては渋滞に巻き込まれる事もありそうな感じでした。
しかし、景色はとても綺麗でしたし、周囲に気を付けながらマッタリとそれらを楽しむのもアリかもしれません。
そんな感じで景色を楽しみつつ、走りも堪能しつつ、高松市内にあるホテルへ。
2015-05-09DSC_0060.jpg
最初は3~4人部屋を予約する予定だったんですが、その場合はもし誰かが行けなくなった場合に部屋を上手く抑えられない可能性があるとの事で、I君がシングルルームのプランに変えてくれたそうです。
『まあ主な原因は私のせいなんですが…orz』

そんなこんなでなんとかホテルに到着した我々は、一先ず旅の疲れを癒やすために風呂へ。
その後、近場の居酒屋へと足を運び、夕食となりました。
お店の名前は『えんぎ屋』さんという所で、Nさんの直感&食べたい物があったからというのが選ばれた理由ですw
料理は各々が適当に頼んだものを少しシェアしたりしながら食べてました。
2015-05-09DSC_0061.jpg
2015-05-09DSC_0062.jpg
黒豆の枝豆とせせりポン酢です。
2015-05-09DSC_0063.jpg
これは牛すじの煮込みなんですが、三重県だと大体赤味噌仕立ての物が出てくるので、醤油ベースの物は初めて食べました。
牛すじは肉はトロトロですじはコリコリといった食感で、煮汁もサッパリとしていながら旨味が強い感じでしたね。
2015-05-09DSC_0064.jpg
写真では骨が外れちゃってますが、讃岐地鶏の炭火焼き骨付きもも肉です。
以前テレビか何かで見て食べてみたかった一品で、若鶏と親鶏の2種類があり、周辺にある他の居酒屋でも名前を見かけたので、この辺りの名物なのかもしれません。
若鶏は肉質が柔らかくてジューシー、親鶏は噛みごたえのある肉質に噛めば噛むほど旨味が出てくるそうで、とりあえず私は若鶏を選びました。
味付けは塩コショウのみと至ってシンプルですが、食べごたえもあり、注文して大正解でしたね。
ただ、酒の肴的な感じのものなので少々味付けは濃い目であり、人によっては意見が別れるかもしれません。
私は今現在味覚がバカになって塩気が上手く感じ取れないので程よい感じだと思いましたが、他二人は飯として食うには味が濃いと言ってました^^;
2015-05-09DSC_0065.jpg
炭火焼き鳥つくね丼です。
焼き鳥類は炭火の香ばしさとタレの旨味に加え、ネギと白ゴマ、海苔がいいアクセントになり、上から落とされた生卵がまろやかさを出している感じでした。
あと、Nさんに炭火焼きホルモンを少し頂いたんですが、これもまた美味かったです。

私以外の二人はいい感じで酔いが回り、時間も良い時間となってきたのでコンビニに立ち寄ってからホテルへ戻りました。
ここに来て一気に一日の疲れが出てきたようで、明日の起床時間を決め、そのまま各自部屋に戻って就寝。
私も睡魔には勝てず、気付けば寝てましたw


とまあ、こんな感じで初日が終了です。
次回は最終日の様子をお送りしたいと思います^^

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村
実は初日、二日目共に少し事件が…

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
続きはWebで…(笑)
スポンサーサイト

Category: ツーリング

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。