2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

 【24//2010】

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-を見て来ました。

とりあえず、感想をと思いますが、ネタバレ満載になっちゃいそうなので見たい人だけ見てね(笑) まず、序盤から。

冒頭でソレスタルビーイングの戦いを描いた映画?が流れてたんですが、大使が大暴れしてますw
金ジムに毛が生えてたり尻尾が生えてたりw
ガンダムマイスターの構成に笑えたりw
刹那が熱血過ぎて危うく吹き出しそうになったりと、序盤は多分遊び心満載のつもりだったんでしょうね。


で、本編。


面倒な説明は省くとして、恐らく殆どの人が一度見ただけでは理解できないのではないだろうか?というのが私の率直な意見ですね。
未知の生命体とのコンタクト、そして言葉も感情も通じない相手との『対話』をテーマに描かれた本作ですが、内容がかなり難解な物だと感じました。
多分、ガンダムの映画だ~的なノリで見に行った子供には間違いなく理解できない内容でしょうw


続いてMSやら戦闘シーンやら。


展開かなり早いですw
ぶっちゃけ、トップをねらえの宇宙怪獣みたいなのがワラワラ出て来るような状態での戦闘ですから、流れが速すぎて油断してると何が何だか解んない状態ですね。
サバーニャ搭乗のロックオンが、『狙い撃つぜ!で』はなく『乱れ撃つぜ!』って言うぐらいですしw
ハルートはアリオスと違って電池扱いはありません。
前回の鬱憤を晴らすかのように大暴れしてますw
終盤でELSが収集した情報を基にMSや戦艦に擬態して来るんですが、有機的な金属生命体的描写がされてて微妙にキモイw
それからクァンタ、ラファエルの戦闘シーンがかなり短いです。
ラファエルに至っては、刹那を助けるために自爆しちゃうしね(;´д⊂)

巷でも情報が上がってきてますが、ラファエルの頭の上に乗っかってるのはやはりMSですw
てっきり装甲か何かの塊で、ラファエルが着込むんだと思ってたんですがねぇw


各キャラの描写に関しては、可もなく不可もなくって感じでした。
とりあえず、1stシーズンから一番成長したのはフェルトですかね?
後、ハレルヤさん単独で頑張ってますw
何気に身体能力高いんだねあの人(笑)


さて、最後に・・・

印象に残ったのは色々な意味を含めて『グラハム・エーカー』でしょう。
最後の最後で道を開くため、王道ともいえる展開で散って行ったグラハム。
だけど、刹那には最後まで『あの男』呼ばわりされる不遇っぷりw
まあ、グラハムも刹那の事を最後まで『少年』って呼んでるんだし、あの二人に名前なんてもんは関係ないんでしょうね。



私の感想としては、これも一つのガンダムの形……という作品だと思います。
色々と賛否両論あり、なんだこれなどと言われてたりもする劇場版00ですが、シリーズを通して見て来た人なら納得できるんじゃないかな?
来るべき異種族との接触のため、人類は一つに纏まらねばならない。
その為に武力を以って戦争を根絶し、世界を統一させる。
テーマとして『対話』が有る以上、こういった結末でも良いと思います。

一応、最終的に人類は一つに纏まってましたしね。


本編を見ていた方でまだ映画館に行ってない方、巷で出回ってる情報なんか気にせずに一度自分の目で見た方が良いと思います。
少なくとも『機動戦士ガンダム00』の真の結末はキッチリと描かれてたと思いますから。



もうちょっと色々書きたいところだけど、見終わった直後ってのもあってキッチリ整理しきれてない部分も多いです。
多分DVD買うと思うんで、その時にまたじっくり見れればと思います。
スポンサーサイト

Category: 日記

Theme: 今日のつぶやき

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。