2015 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

SENA 20Sのトラブル

 【11//2015】

ご無沙汰しているALTですが、とりあえずは無事に生きてますw
今回は先日行った飛騨高山ツーリング白川郷編をお送りしようかと思ったのですが、写真の枚数も多いし加工するのも面倒くさいし…

『何より長い間ブログを放っておいたのに読んでる人居るわけねぇだろう・・・』

というのが主な理由で、そのツーリング内容のブログは気が向いたらアップしようかと思いますw

さて、先週の土日にバイク仲間総勢10人+α2で飛騨高山の方へツーリングに行ってきたんですが、初日はほぼ快晴、二日目は朝から雨といった天候に見舞われました。
まあ、雨の中走ることが過去になかった訳でも無いので、さしたる問題は無いだろうと思っていたのですが…

『インカムがいうことを聞いてくれなくなりました…(ノД`)シクシク』

事の発端は、帰りの高速に乗る直前でした。
インカムに妙なノイズが入り始め、それが耳障りに感じた私は、とりあえず音量を下げようと思ったんです。
高速に乗ってしまえば、風切音のせいで殆どインカムの会話など聞こえませんし、事前にどこで休憩するか、どこのインターで降りるかなどの打ち合わせはしてあったので、大丈夫だと考えていたんですよ。
音量を下げようとしたその時、インカムから『グループインターコム』といった音声が流れてきた事で、何か変だなぁ…と思ったんです。
最初は変なモードに切り替わったのかも知れないと思い、電源を落として入れ直せば直るだろうと考えていました。

ところが、電源が落ちない…orz
何度も何度も繰り返してみましたが、落ちるどころか上記の音声案内が流れるだけ…
とりあえずジョグダイヤルをグルグル回してみると、音量の上げ下げの機能と本体をタップすることで起動するボイスコマンドのみが反応するだけでした。
この時点で土砂降りの中、高速に入っていますから、何よりも先ずは運転に集中しないと危険です。
そんな訳で、一先ず休憩地点まではそのままで行くことにしました。

休憩地点到着後、電源OFFを繰り返してみるものの、一切の反応は無し。
この時点で本体内部に水が入り、故障したのかといったことを疑い始めていました。
とりあえず、屋根のある所に移動し、インカムをクランプユニットから外して綺麗に拭いてからダメ元で電源をOFFにしてみると…

『電源切れたし…orz』

その後、外した状態のままオン・オフを繰り返してみると、問題なく作動してます。
となると、原因はクランプ側? ということになるんですが、この時点では調べようもないので、仕方なく本体とクランプを綺麗に拭いてからもう一度作動させました。
すると、この時点では症状が回復していたのです。
一体全体どうなっているんだろう…? と言った疑問を抱きつつ、休憩を終えて走りだしたのですが、やはり暫くすると症状が再発する始末…

『こりゃ完全に故障だな…。・゚・(ノД`)・゚・。 』

と、半ば諦めていたのですが、一緒に行ったメンバー内で同じ20Sを持っている人達に聞いてみると、なんと私と同じ症状が出てるじゃありませんか。
しかも皆、初期ロットという共通点もあったんです。
これはひょっとして…と考えた私は、後日ネットを駆使して(グーグル先生に聞いてみたw)色々と調べてみました。
すると、『SENA20S 故障』で真っ先にヒットしたページがありまして、その方は私と違う故障だったんですが、そこで良い情報を得ることが出来たのです。

という訳で、早速故障かどうかをセナジャパンのホームページから問い合わせてみると、ものの30分もしない内に返信メールがありました。
以前も設定方法でトラブった際に連絡した事があったんですが、このメーカーさんは恐ろしいぐらい顧客対応速度が早いですね。
すると、『本体側は浸水しない限りは問題なく、恐らく原因はクランプ側にあるのだと思います』といった感じの回答が返って来ました。
私が調べた結果もそうだったんですが、どうも初期ロットのクランプには、物によって本体とクランプの間に隙間が生じ、そこから水が入ることで漏電して動作不良を起こすみたいです。

その結果、新しいクランプユニットを送って頂けることになりました。
DSC01799.jpg
これが従来のクランプです
DSC01800.jpg
こちらが送られてきた新しい物です。
ご丁寧にマイクとスピーカーユニットもセットで付いて来ましたw
DSC01801.jpg
左が古い方、右が新しい方です。
こうして並べてみるとよく分かるんですが、古い方は本体とのロック部分である爪がプラスチックで、本体との接点部分のシーリング部も薄い感じですね。
対して新しい方は、ロック部分の爪が金属、シーリング部も厚みのあるものに変更されています。

設計段階でのミスなのか、製造工程時のミスなのかは判りませんが、購入してから1年以上経過していても対応して貰えたのは素直に有難いことだと思いました。
ファームウェアのアップデートで機能が追加されたり、スマホアプリの日本語対応、ならびにアプリを使えば纏めて一気に複数人とのペアリングが可能といった点もありますし、やはりこのメーカーのインカムを選んで良かったと思います。
多機能な分、若干お値段は高めの設定ですが、使いこなすことが出来ればとても便利なガジェットの一つでしょう。
スマホとペアリングしておけば音楽にナビ、そういったものもクリアに聞こえますし、最初の方の音声が聞こえなかったといったことも過去にはありません。
ツーリング中に他者との会話のやり取りを考えなければ、安価版のSMH5や10、更に機能を絞った3Sなどといったバリエーション展開も豊富ですし、用途によって機種が選べるというのも良い点ですね。

とまあ、こんな感じの生存報告でしたw
冒頭でも書きましたが、白川郷編は本当に気が向いたらブログに書こうと思います^^;

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村
もう後輩ライダー仲間も居るのに、あえて初心者を名乗ってみるw

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
まあ、初心忘れるべからず…ってことでw
スポンサーサイト

Category: 日記

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。