2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:動画 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

カメラのマウント方法

 【23//2014】

ここ数日、梅雨でもないのに雨が続いてますが、皆様如何お過ごしでしょう?

先日のブログを書いた際、カメラはどこにマウントしているの? というコメントを頂いたので、今回はそれについて書かせて頂こうかと思います。

基本的に私が車載動画を取る際には、大体4箇所ぐらいに位置を分けてマウントしています。

1.ハンドルマウント
2.タンクマウント
3.ヘルメットマウント
4.ミラーマウント


その他にも色々なマウント方法があると思いますが、現状で自分が使っているのは主にこんな感じです。
それでは順に、マウント位置とだいたいこんな映像が撮れるんだというのも紹介させて頂きますね。

1.ハンドルマウント
2014-10-23DSC_0019.jpg
ハンドルマウントの場合、文字通りハンドルにこのような部品を取り付けて、ここに雲台→カメラの順で取り付けています。
マウントはミノウラ製の物で、確か自転車用のものだったと思います。
2014-9-23DSC01428.jpg
カメラを取り付けると、だいたいこんな感じになります。
9-28MAH00020(1).jpg
この場所で撮れる映像は、こんな感じです。
ただし、この場所は画角調整、手振れ補正などを上手く合わせないと、ブレブレの動画が撮れることが多いです^^;

2.タンクマウント

続いては、先日のツーリングで使っていたタンクマウントです。
2014-10-23DSC_0015.jpg
サクションカップマウントと呼ばれる吸盤の力を利用した物で、上手く取り付ければそう簡単に外れるものではありません。
2014-10-23DSC_0014.jpg
その上に雲台→カメラの順で取り付けています。
この写真では防水用のケースを使ってますが、基本的に普段は給電と音声を外部マイクから拾うためにスケルトンフレームを使ってます。
2014-10-19MAH00027(1).jpg
こちらがこのマウント位置から撮れる画像です。
一番安定した状態で撮影が可能ですが、ここも路面状態が悪い所だと衝撃が吸収できずにブレることもあります。

3.ヘルメットマウント

次はヘルメットにマウントする場合です。
2014-10-23DSC_0021.jpg
ヘルメット本体にこういったマウントパーツを取り付け、そこにスケルトンフレーム、カメラを取り付けています。
2014-10-23HDR-AS30Vカメラヘルメットマウント マイクハンドル
撮れる画像はこんな感じになりますね。
このマウント位置のメリットは、自分の目線に近い位置から撮影できるので、景色などを撮るのにも向いています。
ただし、余所見をしていると危険なのは言うまでもなく、そして給電とマイクの配線を考慮しなければならない点が面倒です。
どちらも考慮しない方法もありますが、その場合はカメラ本体のバッテリーのみの電源、そしてマイクも同様にカメラ本体の物になるので、風切音などは防げません。

4.ミラーマウント

最後はミラーにマウントしたものになります。
2014-10-23DSC_0018.jpg
これは市販のステーを組み合わせ、ミラーのネジに割り込ませて取り付けた自作品になります。
2014-10-23DSC_0016.jpg
ここに雲台→カメラの順で取付ますが、普段は他のマウントと同様にスケルトンフレームを使ってます。
2014-10-23MAH00016.jpg
撮れる映像はこんな感じになります。
一番臨場感があり、迫力も満点なのですが、レンズなどが保護された状態ではないので、飛び石などでカメラにダメージを負う可能性が一番高いのが難点ですね。

以上が私がバイクで動画撮影をする際に使用しているマウント方法になります。
どれもコレも一長一短で、カメラの設定や路面状態、その他色々なものに左右されますが、撮れる映像も違ったものになるので面白いと思います。
あと、写真の所々に蛇腹状のストラップとカラビナが写ってると思いますが、これは脱落防止用の物ですね。
走行中にカメラ類が落下してしまうと自分自身への心理的なダメージの他、後続車への危険もあるので必ず必要な物になると思います。
『改めて言いますが、使用の際は必ず脱落防止の処置を取りましょう。』

とりあえずはこんな感じなんですが、他にも色々な方法があると思います。
ウェアラブルカメラは、色々なメーカーから専用品や汎用品まで各種様々なマウントパーツも出ていますし、小型なので上手く活用すれば面白い動画や、記念に残るものなど様々な活用方法があることでしょう。
ですが、初期投資の額も然程安いものではないので、動画撮影に対しての第一歩がなかなか踏み出せない方も多いと思います。
しかし、興味が湧いた方は、とりあえずコンデジやスマホなどの動画撮影機能を利用してみるのはどうでしょうか?
そういったマウントも出てますし、お試しなら雰囲気だけでも楽しめると思います。
ただ、安い物だと耐久性に難があるのが問題点なので、そこそこ作りのしっかりした物がオススメです^^;

さて、こんな風に動画撮影などを初めていますが、ハッキリ言って『私はまだまだド素人です(ノД`)シクシク』
動画を撮影すると必然的に編集技術も必要になって来ますし、今後の課題はその辺りですね^^;
前回のブログでアップした動画は、AviUtlというフリーソフトを使って編集しました。
機能が盛り沢山なのですが、理解するのに苦戦中ですw
という訳で、試しに作ってみたのがこちら。

まだ単純なものしか作れませんが、今後はこういった物も活用しつつ、良い物が作れるようになりたいですね^^;

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村
ライダーとしての腕も、動画職人としての腕もまだまだ(ノД`)シクシク

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
You still have lots more to work on…
スポンサーサイト

Category: 動画

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

これで後は編集技術を覚えれば…

 【31//2014】

それにしても暑い日が続いてますね~。
今日、会社へ提出しないといけない書類を病院で書いて貰うために行ってきたんですが、暑さでボケているのか休診日だったことをすっかり忘れていたALTです。・゚・(ノД`)・゚・。
暑さボケが原因なのか、3日連続更新とかしてるし・・・w

さて、そんな大ボケを午後イチでやらかした私ですが、今日は午前中にとある物のテストをして来ました。
それはコレ
SONY スケルトンフレーム AKA-SF1SONY スケルトンフレーム AKA-SF1
()
ソニー

商品詳細を見る

先日になってようやくアクションカム用のパーツの入手に成功し、最後のテストを実行に移すことに成功したのですよ。
これに外部マイクを取り付ければ、後は電源を供給しながらの撮影が可能となるわけです。
で、購入したのはこちら。
DSC01423.jpg
SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン CS3 ECM-CS3です。

しかし、この外部マイクが中々の曲者で、こんなに小さいのに集音性が結構あるんですよ。
そして、このまま取り付けると結構風切音を拾ってしまいます。
そこで世の動画職人様方からお知恵を勝手に拝借し(笑) 、これにウインドジャマーなるものを取り付けると良いとの事が分かりました。
ウインドジャマーって何ぞや? という方のために説明すると
wj.jpg
こんな感じでカメラのマイク部分についてるモサモサした奴の事です。
動画職人さん達はきちっとした物を買われる方もいらっしゃれば、自作されている方も沢山居ます。
で、自分も自作しようと頑張ったんですが、これがまた悪戦苦闘の連続・・・orz
100均に売ってるフェイクファーとかがオススメと聞いたんですけど、近場じゃ売ってないし、手芸用品店なんかに行けば確実にあるんでしょうが、オッサン一人で彷徨けるような店じゃないし…と言うことで、なにか別のもので代用することにしました。
それがこれ。
クイックルワイパー ハンディ取り替え用 3枚入クイックルワイパー ハンディ取り替え用 3枚入
()
クイックル

商品詳細を見る

いや、なんていうかね…
『コレが偶々部屋の片隅にあって、案外使えるんじゃねぇ? って思ったんですよ』
という訳で、作業開始ですw

まずこの取り替え用ハンディワイパーを勿体無いけど2つに裂きます。
で、それをこんな感じに使います。
DSC01424.jpg
埋もれちゃってて見難いですが、真ん中の辺りに黒い物がチラっと見えてますよね?
マイクの後ろにクリップがあるんですが、それを通してます。
DSC01425.jpg
そしてこんな感じで両面テープを貼り付けて…
DSC01426.jpg
はい、完成w
見た目は一応ウインドジャマーっぽく仕上がりました。

では、次にマウント方法のご説明をさせて頂きます。
DSC01428.jpg
カメラはスケルトンフレームを使用し、雲台を使って固定してます。
DSC01427.jpg
そしてこのような感じで電源を供給し、ハンドルにマイクをマウントしました。
さて、肝心の性能ですが…それはこちらを見ていただきましょう。

如何でしょうか?
風切音も思ったほど無く、いい感じでマフラーの音などを拾えていると思います。
続いて、今度はヘルメットマウントでの動画をお送りしたいと思います。

マイクのマウント位置は変更していません。
カメラのみヘルメットの側面に取り付けています。
これもいい感じで音が拾えていて、更に目線の方向へとカメラが向くので、景色などを撮るのには最適かもしれませんね。
勿論、余所見は厳禁ですが^^;
続いて、マイクの位置をシート下に移してみました。
DSC01429.jpg
カメラのマウント位置なんですが、最初はヘルメットマウントで試しに撮っていたんですけど…
『ボタン押し忘れてました^^;』
という訳で、残っていたのはハンドルマウントの映像のみとなります。

最後の動画なんですが、試しに編集してみたところ、ちょっと画角がおかしくなってしまいました。
肝心の音なんですが、ちょっと篭った感じになっちゃってますね。
風切音は皆無なんですけど、どうやらこの仕様で行くとあまりよろしく無いようです。

とまあ、こんな感じで一応テストは完了と言った感じです。
後は、編集技術を磨けば良い訳なんですが、こっちはなかなか難しいですね^^;
とりあえず、撮り溜めしておいて、後日編集…という形になっていきそうです。

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村
今後はブログに動画も上げられるようになるとイイなぁ…^^

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
しかし、その前に編集技術を身につけねば…orz

Category: 動画

Comments (11) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

冬だ!バイクだ!ポロリもあるよ!!

 【16//2014】

最近コレでもかと言わんばかりに寒いですね。
先日車で出勤する際、タバコを吸うのに窓を開けようと思ったら、窓が凍り付いてて開かなくて故障かと焦ったALTです(´・ω・)ノ

さてさて、本日お送りするのは先日購入したアクションカムでのテスト動画になります。
今現在、マウント位置のテストをしてまして、今回はヘルメットマウントとタンクマウント(前回とは少し位置が違います)、それからカウル側面でのマウントをテストしてみました。
最初は3つに分けてアップしようかとも思ったんですが、とりあえず切って繋げて一つに纏めてありますw
もう少し上手く編集できれば良いんですが、手持ちの編集用ソフトでは切って繋げるぐらいしか出来ないので追々この辺りも改善して行きたいところですね^^;
それでは無駄に長いですが、宜しければご覧ください。





最初のマウントは、ヘルメット側面にサクションカップマウントを使用して取り付けました。
家でテストした時は外れる事もなかったんですが、やはり実際に走ると風の抵抗や振動、取り付け位置の問題などが重なってダメだったようです><
今日のブログのタイトルにも書いた『ポロリもあるよ!!』はコレにちなんでますw


『何かを期待した方・・・残念でしたね( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \』

やはりメットに装着する場合は、もう少し別の方法を考えないとダメみたいですね。
なんとなく嫌な予感はしてたんですけど、念のために落下防止用のストラップを装着しておいて正解でしたw
これを付け忘れてたら・・・『大惨事だ(((((; ゚Д゚)))))ガクガクブルブル 』
あと、設置後にカメラの映像チェックを行わずに大体の位置で試したので、肝心の景色などが撮れてませんね。
それから想像以上に風切り音が酷くて、風の音以外何も聞こえてません^^;
とりあえずはテストの段階なので、もう少し方法を煮詰める必要がありそうです。

続いてのタンクマウントは、以前の位置と少し場所を変えています。
自由雲台をつけて位置を少し前にしてみました。
風切り音もほぼ無く、いい感じで音も拾えてるんですが、ナビポーチが邪魔で前が殆ど見えてませんね^^;
メーター類が隠せるのは良いんですが(ちゃんと制限速度内で走ってます)、コレだと折角の映像も残念な感じに見えます。
なのでここももう少し場所を考える必要がありそうです。

最後のマウント方法は、カウル側面にサクションカップマウントで取り付けてます。
意外や意外、風切り音が酷いんじゃ無いだろうかと思いましたが、想像以上にいい感じで撮影できてました。
結構迫力もある感じがしますし、もう少し煮詰めると面白そうな映像が撮れそうです。


とまあ、今回はこんな感じです。
これで自分の思いついたマウント方法は、大体テストする事が出来ました。
後は外部マイクの導入や、画角や画質の調整、そして編集作業を行えるようにすれば一応人様に公開出来そうな物が作れそうです^^;
今の所一番の問題は、編集作業に関することですかね。
Windowsにはムービーメーカーという動画編集ソフトが有りますが、動画の拡張子が対応していないせいで編集が無理なようです。
一度対応している物に変更して、編集後に再度戻して・・・なんて事をしても良いんですが、ぶっちゃけ面倒ですw
以前遊びで動画編集をやった事があるんですが、その時はSony VEGAS MOVIE STUDIOの無料版を試しに使ってました。
私のような初心者でも簡単に作業が行えたので、導入するならコレが一番使いやすそうな気がしてます。
ただ、暖かくなる頃を目処にETCの導入を検討しているのと、4月にはPCのOSが保障期間外になってしまうので買いかえねばならず、こちらを優先しないといけないので結構先になるかもしれません^^;

それにしてもこのアクションカムの性能には驚かされますね。
こんなに小さいのに画像は鮮明に撮影できますし、手ぶれ補正などの機能も素晴らしいです。
拡張性も高いですし、色々と組み合わせれば面白いと思うので、バイク以外の事にも使って行きたいですね^^

さて、先程も触れましたが、いよいよバイクにETCを取り付けることにしました。
一応見積もりも出して貰っているんですが、自分の都合とバイク屋さんの都合でもう暫く先になりそうですが、春頃までには何とかしようと思ってます。
今年は県外進出も増やして行こうと思っているので、もしかしたらこのブログを読んで下さってる方々ともお会いできる日が来るかもしれません。
もしその時は、出来るだけ優しく接して貰えると助かります^^;

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

Category: 動画

Theme: 日記

Genre: 日記

Comments (11) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

新しいカメラを買ってみた。

 【06//2014】

年末からの仕事も人段落つき、やっと今日休みが取れたALTです(´・ω・)ノ
今の気持ちを表すならば・・・
ふなっしー

『ヒャッハー! やっと休みが来たなっし~~~!!』

ってな感じですw

あ、別にふなっしーが最近のお気に入りと言う訳では無いのであしからずw

さてさて、新年一発目(挨拶を除くw)のネタは、新しいデジモノを購入したことを書こうと思います。
先日、クレジットカードの明細を確認してた際、ポイントが結構貯まっている事に気付きました。
丁度それをAmazonのギフト券と交換すると結構な額になる事が分かり、丁度いい機会だし使っちゃえと思ったんですよ。
で、丁度年末に申し込んだ奴の交換が完了し、購入に踏み切った訳です^^


今回私が購入したのはコレ・・・

SONY メモリースティックマイクロ/マイクロSD対応フルハイビジョン アクションカム HDR-AS30VSONY メモリースティックマイクロ/マイクロSD対応フルハイビジョン アクションカム HDR-AS30V
()
ソニー

商品詳細を見る


Sony製HDR-AS30Vです。


実は前々から、バイクの車載動画に興味がありまして、色々と悩んだ挙句購入しましたw
候補は他にも色々とあったんですが、小型軽量で色々と使い勝手も良さそうだと思った事からコレを選んでます。
機能的にもWi-Fiを利用してスマホと連動が可能な事、GPS内蔵によりロガー機能?的なことが出来る事などもあります。
一番主流なのはGoproとかなんでしょうが、基本こういった家電関係?は何故かSony製を選んでしまうのが私なのですよ(笑)

それではどんな物なのか見てみましょう。
DSC00989.jpg
パッケージはこんな感じです。
前モデルと比べると、なんとなくGoproを意識したようなパッケージになってますね^^;
DSC00990.jpg
こんな感じで台座にネジで固定された状態で梱包されてます。
DSC00993.jpg
ハウジングから取り出してみました。
厚みは大体タバコひと箱分ぐらい、大きさはタバコの箱より一回り小さいぐらいですね。
ハウジングのサイズが大体タバコひと箱分ぐらいでした。
DSC00992.jpg
ハウジングです。
コレに入れることで水深5mまでの水中撮影も可能、防塵、耐衝撃1.5m、耐低温-10℃まで問題ないようです。
まあ、耐水性と耐衝撃性能はあまり過度な期待をしてはいけないと思いますが・・・^^;
DSC00991.jpg
付属品です。
右上からPCとの接続用USBケーブル、黒い二つがそれぞれ平面用接着マウントと曲面用接着マウント、黄色い奴が装着バックル、そして左の奴がバッテリーです。
現状ではバッテリー駆動オンリーとなってしまうので、撮影時間はおよそ2~3時間ほどになるそうですが、対策は考えてあるので問題ありません。
というか、年末に注文したんで他のパーツが届いて無いだけだったりします(笑)
それからここには写ってませんが、ハウジング内に入れるシートタイプの乾燥剤も購入しました。
この機種の宿命と言うかなんと言うか、外部の気温が低い状態で使用すると、結構な確立でハウジング内部が曇るそうです。
それを解消するために導入した方が良いとの事だったので、純正オプションではなく100枚入りで300円程のもので代用してますw


さてさて、折角こういうものを買ったならば、テストに行かなければなりませんよね~。
と言う訳で、いざ出発!


録画モードはSTD、手ぶれ補正有り、画角設定は120にて撮影しています。
前回上げた動画とほぼ同じ構図ですが、画質、音、共にかなり良いですね。
ただ、このアクションカムは前モデルから言われていたとおり、ハウジングに入れると音が若干篭り気味になってしまうようです。

続いては走行中の動画です。
マウント方法は前回のコンデジと同じ、タンクにサクションカップマウントで装着してます。
録画モードや画角などは先程と同じです。
無編集だと長すぎたので、途中でぶった切って繋いでます(笑)
あと、直線ばかり続いて飽きる可能性が高い動画になっているので、その辺りはご容赦ください^^;

やはり音が篭りがちですね^^;
後、風切り音が酷いです(;´д⊂)
午前中はほぼ無風で、尚且つ車に乗っていると暑いぐらいだったんですが、午後から結構風が出てきたのでまたしても撮影タイミングが合いませんでした。
それから、謎のビビリ音とかも聞こえてます。
多分これは、脱落防止用のストラップをハンドルブレースにカラビナで引っ掛けておいたので、それが振動で動いた音を拾ってるんでしょう。
それ以外の謎の音に関しては・・・サッパリ分かりません^^;

続いては録画モードはSTD、手ぶれ補正無し、画角設定は170に変更して撮影しています。

こちらのモードだと、自分としてはなんとなく違和感がありますね。
あと、画角設定を170にするとyoutubeにアップしてもHD画質にならないようです。

(後で確認したらなってましたw)
ですが、やはり専用品はコンデジとは違いますね。
画質もそうですが、マイクの性能も凄いです。
今回は以前リクエストにあったようにエンジンの回転数を上げてみたところが何箇所かあったんですが、風切り音に負けて無い感じがします。
とはいえ、現時点では何もかもがテスト状態なので、今後色々と試してみて改善点を模索していく事になりそうですね。
マウント位置もタンクマウントオンリーじゃ虚しいですし、別のマウント方法も試してみたいと考えてます。
色々なオプション類も出ているので、今後面白そうな方法があれば試してみようと思います^^


こんな感じで、今年のバイクネタには時折動画が入る事になると思います。
ただし、あくまでも自己満足の世界ですし、コレを中心にするつもりはありません。
と言うよりも・・・

『ただ単に、自分のヘタなライディングをあまり見せたくないんですよ。・゚・(ノД`)・゚・。 』

まあ、後々見返して今後の改善点を模索するには良いかも知れませんが・・・^^;
と言う訳で、本格的な動画デビューはまだかなり先になりそうですw


にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村
目指せ脱初心者!(`・ω・´)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
だが、その前にやる事が山積みだ・・・orz

Category: 動画

Theme: 日記

Genre: 日記

Comments (14) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

初めての動画撮影

 【22//2013】

先日マフラーを交換したことをブログに書きましたが、その後天候が安定せずに殆ど乗れてません。・゚・(ノД`)・゚・。


『天気予報の嘘吐きぃぃぃ。・゚・(ノД`)・゚・。 』



とまあ、泣きごと言っても始まらないので、安定しない天候の合間を縫って、今日は初めて動画を撮影してきました。
撮影するに至った切っ掛けは、前回のブログで頂いたコメントもそうですが、やはり一人のオーナーとして同じNinja400R乗りの皆さんのためになればと思ったのが理由です。

が・・・

肝心の動画をアップするための機材が数年前に購入したコンデジぐらいしかありません。
キッチリとした物(アクションカムなどですね)があればバッチリだったんでしょうが、無いもの強請りでしか無いので今回はこれで行って見ようと思います。



まずはアイドリング時の動画になります。
機材が機材なのと、無編集なのでその辺りはご容赦願います。



続いては走行時の動画になります。
マウント方法はタンクにサクションカップマウントを装着し、そこにコンデジを取り付けてます。
ANDECHS.you カメラ スタンド ゲル吸盤式  車載カメラに カメラマウント カメラ ブラケット 車載マウント AN-CS02GANDECHS.you カメラ スタンド ゲル吸盤式 車載カメラに カメラマウント カメラ ブラケット 車載マウント AN-CS02G
()
MOVAICS(カメラネジ対応)

商品詳細を見る

この商品を使ってます。
ちなみに何故こんな物を持っているかと言うと・・・何故なんでしょうね?w
機材が機材・・・(以下略w

やってみて解った事なんですが、やはりコンデジではこの辺りが限界ですね。
スマホでもやってみようかと思いましたが、恐らく大差ないと思います。
あと、風切り音が酷いです。
これがアクションカム系の物であれば、マイクを別の位置に設置してと言う方法も取れると思いますが、流石にコンデジにそんな機能は無いので対策のしようが無いでしょう。

とまあ、こんな感じでしたが、購入や装着を検討されている方の参考になれば幸いです^^;
やっぱり動画って難しい物ですね。

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村

Category: 動画

Theme: 日記

Genre: 日記

Comments (14) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。